ニュース一覧

LIFULL Conciergeは2017年5月1日より「Walkersインドネシア」(2017年4月30日にサイト閉鎖)のニュースコンテンツを移管し、運営しております。

カテゴリー

670

インドネシア最大手通信企業の電子ウォレット、4月からQRコード決済開始か

インドネシアの大手通信企業TELKOMSELが運営する電子ウォレットアプリ『T-Cash』というものがある。 このサービスが、QRコード認証の決済に対応する。インドネシア中央銀行から、QRコード決済事業の許可が下りたのだ。 2017年末の時点で国内に1500万人の利用者を抱えてい

インドネシアのスマホメーカーAdvanが注目の新機種G2を発表

インドネシアに限らず、各国のミドル〜ローエンドスマートフォン市場は競争が激しい。 インドネシアの場合は政府が各企業にTKDN(国内部品調達率)の規制を課しており、地場企業の成長を望んでいるという見方もできるマーケットだ。 そんな中、地場系メーカーAdvanが新型

インドネシア マラン発のオンライン清掃予約サービス「Jasahub」

インドネシアの富裕層は、家事全般を自前で雇ったメイドに任せる場合が多い。 食事、清掃、留守番、子供の世話等はすべてメイドが行っているという家も珍しくなく、自宅内にメイドを待機させる部屋を設置するほどだ。 最近、こうした状況に変化が起きており、メイドの雇

インドネシアのユニコーン企業候補 飲食店情報アプリ「Qraved」

評価額10億ドル以上の非上場ベンチャー企業を「ユニコーン企業」と呼ぶ。 今の時点で、インドネシア発のユニコーン企業は3社存在する。Go-Jek、Traveloka、そしてTokopediaだ。 ユニコーン企業の候補も数多く台頭してきており、『Qraved』もその1つである。 オンライ

エアアジアグループの「成田〜ジャカルタ直行便」が5月にオープン

インドネシアを舞台にするビジネスパーソンにとって、嬉しいニュースだ。 1月31日、インドネシア・エアアジアXが成田〜ジャカルタ直行便を就航させると発表したのだ。開設は5月1日を予定している。 この便は、日本〜インドネシア間の移動の利便性をより向上させるものに

Samsung Galaxy S9がインドネシア部品調達率を達成か

Galaxy S9の発売は3月中旬と見られており、2018年のインドネシアのスマートフォンのハイエンドモデルは、iPhoneとGalaxy S9に二分されていくかもしれない。 2月25日に開催されるSamsungのイベントでGalaxy S9が発表されると報道されている。 Samsung自身がGalaxy S9を発

インドネシアで強まる仮想通貨への規制

インドネシア中央銀行が、ビットコイン等の仮想通貨に対する管理を強めており、その影響はインドネシア最大の観光地バリ島にも波及している。 乱高下を繰り返すビットコイン ビットコインの相場が乱高下している。 去年末は1ビットコイン220万円に達したが、年をまた

Go-JekにGoogle等が12億ドルの出資を予定か

Googleの持株会社Alphabetが、インドネシアの配車サービスGo-Jekに出資をするというニュースが出た。 これは、ロイター通信が内部の関係者から聞き取った話でAlphabetからのリリースは本記事配信の現時点で出ていないが、いくつかのテクノロジーメディアが裏取りに乗り出

インドネシアで急成長中のギフトカード「TADA」

Go-Jekに代表されるスマートフォンアプリの進化に牽引されて、インドネシアでもキャッシュレス化が進んでいる。この中で、ギフトカード事業も徐々にではあるが拡大しているようだ。 今回ご紹介する『TADA』は、近年加盟店を着実に伸ばしているギフトカードである。 急

インドネシア現地メーカー開発 セルフィー特化のスマホ「Advan i5C Plus」

Advanという、インドネシアの地場系モバイルメーカーがある。 このAdvanが去年9月に市場投入した『i5C Plus』というスマホが、いろいろな意味ですごい。 OppoやVivoなどの中国勢に押されている印象の地場メーカーだが、それでも創意工夫による新製品の開発が進められてい

軽量版Androidの影響はインドネシアにも波及か

2018年、スマートフォンはさらに安くなるかもしれない。 去年12月、Googleは『Android Oreo/Go edition』(以下Oreo/Go)というOSをローンチした。Android8.1と同時に発表されたOreo/Goだが、これはいわゆる「軽量版OS」である。 このOreo/Goが、インドネシアのモバイル

2017年インドネシア・モバイルテクノロジー事情総括

2017年のインドネシアにおけるモバイルテクノロジー事情。それをひとことで言えば「本格稼働」かもしれない。 Android OS搭載のスマホが爆発的に普及したのは2年前だが、今年になって新しいオンラインビジネスが雨後の筍のように登場し出した。これは「現地ベンチャーの雄

Xiaomiの低価格スマホが「新型iPhone発売」の話題をインドネシアで凌駕する

現地大手メディア『KOMPAS.com』のテクノロジー部門のページにて、あることに気づいた。 2017年12月26日のことであるが、テクノロジー部門の人気記事ランキングの1位から4位までを占めているのが、Xiaomiの『Redmi 5A』というスマートフォンの記事である。iPhoneすらも軽

ジャカルタの治安状況に影を落とす、モナスでの「宗教行事解禁」

ジャカルタの象徴である独立記念塔(モナス)で、大きな動きが発生した。 それは当地で、宗教団体による集会が行われるようになったことだ。 モナスでの宗教関連集会は、それまで禁止されていた。しかしジャカルタ知事に就任したアニス・バスウェダン氏が、「州知事の許

ハッシュタグ検索アプリで調査する、インドネシアInstagram事情

今回ご紹介するのは『TagFinder』というスマホアプリである。 TagFinderはInstagramの人気ハッシュタグを検索するアプリ。たとえば「dinner」と入力すると、そのハッシュタグに関連付けられている投稿の件数や、「dinner」とともにタグ付けされやすい他の単語をチェックす