若者に大人気の動画配信サービス「TikTok」がインドネシアでブロック

日本でもティーンエイジャーの間でユーザー数を広げつつある『TikTok』。これはリップシンク(口パク)に特化した、中国発の動画配信サービスである。

既存の音楽と配信者の動作を重ね合わせることにより、面白い動画を作るというのがTikTokの趣旨。このサービスは、インドネシアの若者にも大いに受け入れられた。その時流行の楽曲を取り入れれば視聴されやすいという特性も相成り、利用者を伸ばしてきた。

だが、インドネシア政府は7月3日にTikTokのブロックを実行した。

ブロックの理由

民主主義国家であるインドネシアは、言論統制を理由にオンラインコンテンツをブロックすることはない。

TikTokの場合は、「性的・暴力的コンテンツが配信されている」という理由でブロックされた。この措置は一時的なものだとし、問題点を改善すれば接続を復旧させると情報通信省は発表している。

インドネシア発のTikTokの動画には小学生の少年少女が出ているのもの多く、それが情報通信省で問題視されたのではという指摘もある。

同国におけるオンライン規制の基準は、まず「ポルノコンテンツがあるか否か」という点だ。前例を挙げれば、アメリカの動画サービス『Vimeo』やブログサービス『Tumbler』も、同様の理由で過去にインドネシアでのアクセスを遮断されたことがある。

ティーンエイジャー配信者の「是非」

インドネシアでは、すでにTikTok発のスター配信者も登場している。「TikTokベスト配信者」というタイトルのまとめ動画がYouTubeにも配信されているほどだ。

だが一方で、ネット倫理に関して知識不足の少年少女がスマートフォンで手軽に動画配信する危険性も指摘されている。

こうした問題はYouTubeでも起こっているが、インドネシア政府は配信サービスの運営各社に対して「不適切な動画のフィルタリング強化」を呼びかけている。

ふたつの復旧条件

今回のTikTokブロックは、先述の通り恒久的な措置ではない。

情報通信省は、アクセス復旧のためのふたつの条件を掲げている。

ひとつは、冒涜的かつ真実ではない動画の削除。もうひとつは危険な動画に対するフィルタリングである。これが保証されれば、ブロックは解除するとルディアンタラ情報通信大臣は公言している。

インドネシアでの動画配信ビジネスは、このような問題と向き合っていく必要がある。

【参考・動画】
Kumpulan Tik Tok Indonesia Cantik (Barbie Bel) Part 2-YouTube