インドネシア発のイベント告知サービス「Eventevent」

インドネシアに『Eventevent』というイベント告知サービスがある。

この分野では『Eventbrite』というサービスが世界中で人気を集めており、各種イベントの告知とチケット販売を兼ねている。日本人創業の『Peatix』というサービスも各国で利用者を伸ばしている。

SNS機能を備えたチケット販売サービス

Eventeventの運営者は、ジャカルタの西にあるタンゲランにオフィスを構えるスタートアップだ。

Eventevenが取り扱うのは、各種イベントの告知及びオンラインチケット販売。SNS機能もあり、タイムラインにメッセージを書き込む等の機能もある。その中で、自分がいつどのイベントに行くかを共有することができるのだ。

チケットの販売を手がけるということは、決済もオンラインで処理する。Eventevent独自の電子ウォレットも用意されている。

カテゴリー検索で行きたいイベントをチェック

イベントがカテゴリー別に整理されていて見やすいデザインだ。

「音楽」や「スポーツ・フィットネス」、「芸術」、「エキジビション」、「コンペティション」等のカテゴリー区分である。また、地域毎のカテゴリー検索もできる。たとえば以下は、ジョグジャカルタのプランバナン寺院で行われるラーマヤナ劇のイベントだ。

チケットの有無や値段等も一画面の中に表示される。また、先述のようにそのイベントへの出席を友達と共有できる。なお、アカウントの新規作成の際はFacebookやGoogleアカウントとの互換が可能だ。

事業者にとってのメリットは

これからイベントを開く予定の事業者から見れば、従来のSNSよりも効率のいい宣伝ができるという利点がある。知名度の高くない主催者によるイベントも、該当ジャンルを求めるユーザーに直接アプローチすることができるのだ。

オンラインチケットの分野には、Go-Jekもすでに参入している。チケットのオンライン化は、転売を防ぐことができるという点でも有益だ。とくに人気ミュージシャンのコンサートや演劇では、チケットの電子化は転売防止という点でもメリットが大きい。

Eventeventはより専門的なイベントにフォーカスしているようだ。ワークショップやコンペティションなど、そのラインナップはPeatixに近いものがある。

【参考・動画】
Introducing Eventevent App | Indonesia Event Marketplace-YouTube