ニュース一覧

LIFULL Conciergeは2017年5月1日より「Walkersインドネシア」(2017年4月30日にサイト閉鎖)のニュースコンテンツを移管し、運営しております。

カテゴリー

249

インドネシアに荷物を送るには? EMSの送り方・受け取り方

 日本からインドネシアの取引先に商品サンプルや重要書類などを送りたい時、友人にプレゼントを送りたいときどうすればよいでしょうか?? 送ったものは日本と同じように家まで配達してくれるのか? 今回は、インドネシアに荷物を送るときにおすすめサービス「EMS」(国際スピード郵便)との荷物の送り方・受け取り方を紹介します。

ラマダン開始間近! THR(レバラン手当)はどう支払う?

◯6月28日からラマダン(断食月)が始まります。 ◯ラマダンが近づく中、企業は従業員へのレバラン手当の用意を始めています。 ◯レバラン手当の金額や渡し方などを解説します。

「セブンイレブン全店閉鎖」は現地でも大きな話題に

※画像はYouTubeのスクリーンショット インドネシアでのセブンイレブン全店閉鎖は、現地でも大きな話題になっている。セブンイレブンは他のASEAN諸国では成功を収めているからだ。 インドネシアの隣国マレーシアでは、セブンイレブンはすでにポピュラーな小売店として地位

日本観光ビザ免除よりも、eパスポート取得のほうが難しい

インドネシア人が日本へ観光旅行する際、ビザは免除される。 だが、そのためには条件をクリアしなければならない。そのひとつが「ICチップ付きパスポートの所持」だ。世界ではパスポートの電子化が進んでいて、それがなければビザなし入国を認めないという国が大半ではな

今さら聞けない⁉︎ インドネシア史の基礎知識 英雄編

異国を知るには、まず歴史から。インドネシアの先人がどのような道を歩み、国の基礎を築いてきたか、外国人である我々も知っておかなければなりません。

バリではUberが使えない!? 配車サービスの「理想と現実」

○インドネシアで大人気のUber。ところが、バリでは仕える場所が少ない!? ○既存タクシー業者との取り決めにより、配車サービスの車両は空港と繁華街へ乗り入れができない。 ○バリではジャカルタ以上に熾烈な「タクシー戦争」が……。

お金をかけずに優秀なインドネシア人と出会った方法

インドネシアでリサーチや事業展開を行う上で、ローカルの優秀な人材を獲得することは重要課題。 日系人材紹介エージェントに依頼する費用もなかったので、利用したのは海外のクラウドソーシングサイト「Odesk(オーデスク)」です。今回は短期の通訳・アテンドできる人材を探しましたが、とても優秀な方と出会えました。 oDeskとは何か?、どう募集したのかをご紹介します。

苦境に立たされる日系コンビニ

インドネシアに進出した日系コンビニエンスストアが、苦戦を強いられている。 ジャカルタで順調に勢力を伸ばすと思われていたセブンイレブンは、今やどの店舗も閉店している。日本流の営業戦略が試される場としても期待されていただけに、その衝撃は決して小さくはない。

ヌサンタラに立つ十字架 ーインドネシアのキリスト教ー

インドネシアにおいて、キリスト教徒は全人口の僅か10%程度の少数派です。しかしその存在感、インドネシア社会における役割は決して小さくなく、宗教マイノリティーと言わせないだけの地位を獲得しています。

エアアジアグループの「成田〜ジャカルタ直行便」が5月にオープン

インドネシアを舞台にするビジネスパーソンにとって、嬉しいニュースだ。 1月31日、インドネシア・エアアジアXが成田〜ジャカルタ直行便を就航させると発表したのだ。開設は5月1日を予定している。 この便は、日本〜インドネシア間の移動の利便性をより向上させるものに

バリ島活火山が噴火目前か

バリ島にあるアグン山は、この地域最大の聖地である。そしてインドネシア有数の活火山だ。 日本でも活火山は霊場と位置づけられる。それは一種の自然信仰の表れであるが、日本とインドネシアは同じ環太平洋火山帯に沿う国であるという意味でもある。日本人が富士山、浅間

Walkers式・ドラえもんで学ぶインドネシア語講座

世界の人気者、ドラえもんからインドネシア語を学びましょう! ひみつ道具はインドネシア語ではどのように訳されているのでしょうか? それを知れば、今まで気付かなかったインドネシアで生活するための「コツ」が見えてくるかもしれません。

イオンモール2号店は、アイススケート場が完備されるらしい

◯イオンモール・インドネシア2号店は、敷地内にアイススケート場を設置する。 ◯ジャカルタ市内にもアイススケート場は存在し、競技人口もある。 ◯イオンモール2号店は、今年7〜9月に開業予定。

企業倫理の証・製品規格「SNI」について

◯インドネシア政府が発行する製品規格「SNI」。同国に流通する商品は、このマークを付けるよう求められている。 ◯だが現状、SNIマークを付けていない商品も多い。 ◯政府は各企業に、SNIの遵守を強く呼びかけている。

カプセルホテルが変えるジャカルタの「安宿事情」

かつて、ジャカルタ市内の安宿といえばジャクサ通りのホステルが有名だった。 ここは長年、世界中のバックパッカーを受け入れてきたエリアだ。筆者はもともとバックパッカーで、アジア各地の安宿街にはだいぶ世話になっている。もちろん、ジャクサ通りも例外ではない。