ニュース一覧

LIFULL Conciergeは2017年5月1日より「Walkersインドネシア」(2017年4月30日にサイト閉鎖)のニュースコンテンツを移管し、運営しております。

カテゴリー

142

ゴルフと日本人、そしてインドネシア 週末ゴルファーを呼び込む

◯インドネシア観光省は、日本人向けのゴルフ旅行と関連施設整備を明言。 ◯インドネシアは地形に富み、ゴルフ場建設に最適という声も。 ◯近隣諸国で働く日本人駐在員も、バタムやビンタンなどへゴルフ旅行に出かけることが多い。

オープン1周年のイオンモール 注目のイベント続々登場!

◯開店から1年を迎えるジャカルタ近郊のイオンモール。今も様々なイベントが計画されている。 ◯その最中、先月には天井崩落事故が発生。死者はなかったが、イメージの低下が懸念される。 ◯断食月を間近に控え、新しいイベントの発表も予想される。

インドネシアサッカー「激動の5月」 制裁解除がついに実現!

◯FIFAから制裁を受けていたインドネシアサッカーだが、先日の総会で制裁解除が発表される。 ◯その一方、サッカーのインドネシア代表監督候補にあの人物の名が……。 ◯来月、ジャカルタに本田圭佑選手が来訪しサッカースクールを開催する。

インドネシアの「牛肉革命」 急激な需要拡大に違法カルテルも

◯インドネシアでは牛肉が安価になり、その需要が急激に伸びている。 ◯和牛もインドネシアへ輸出されていて、「Wagyu」が固有名詞化されつつある。 ◯一方、違法カルテルが常態化し価格に悪影響を及ぼしている。

気鋭のファッションデザイナー「リア・ミランダ」に注目!

◯インドネシア市民に大人気のファッションデザイナー、リア・ミランダについて。 ◯リアは現地の女性のみならず、世界的に注目を浴びるイスラムファッションのクリエイター。 ◯「宗教的戒律の厳守」と「オシャレ」を両立させることをモットーに、リアは新たな作品を生み出し続けている。

『つぼ八ジャカルタ店』開店!!! 居酒屋進出ラッシュの予感

◯ジャカルタに『つぼ八』の店舗が進出。華人と日本人ビジネスマンをメインターゲットに営業を始める。 ◯ここ数年で日系飲食チェーン店の進出が相次ぎ、現地市民からも好評を得ている。 ◯イスラム教徒の多いインドネシアで、敢えてメニューのハラル化をしない店も。

ムスリマファッション最前線 「ヒジャブ」に注目する日系企業

◯イスラム女性の「ヒジャブ」は、今や一大市場。日系アパレル企業がヒジャブ開発に力を入れ始める。 ◯穏健的な国民が多数を占めるインドネシアは、ムスリマファッションの世界的な発信地。 ◯来月にはジャカルタで大型ファッションイベントが行われる。

インドネシアと食用油 市民の夢は「ノンオイリー」?

◯インドネシアの料理は、食料油を大量に使うものが多い。 ◯スーパーマーケットなどでは大容量サイズの食用油が陳列されている。 ◯近年の健康志向で、油を嫌う市民も出始めている。

ガンプラ大流行中! プラモデルで切り開くインドネシア市場

◯インドネシアでガンプラが流行している。世界大会ではインドネシア人ビルダーが上位に。 ◯サブカルイベントではガンプラの紹介ブースが頻繁に開かれている。 ◯一方、ガンプラは日本からの輸入品のため「高価な娯楽」と位置付けられている。

グランド・インドネシアの3A階で遊ぼう!

◯目抜き通り沿いにある高級ショッピングモール『グランド・インドネシア』。この施設の3A階には、多くの日経飲食店が集まる。 ◯吉野家、丸亀製麺、ポポラマーマなどがこのエリアに進出。毎日激しい競争を繰り広げている。 ◯特に丸亀製麺は、テロ翌日も多くの客を集めるほどの人気。

サンマルクカフェ・インドネシア1号店オープン!

◯サンマルクカフェが、ジャカルタのショッピングモール内でオープン。休日には多数の客が詰めかける。 ◯同店が入居しているスナヤンシティは、ジャカルタを代表する高級モール。その客層もアッパークラスが中心。 ◯その他の日系飲食チェーン店も、インドネシアでは「ミドルクラス以上の店」と見なされている。

中古列車の車窓から ジャカルタで活躍する日本の電車

◯ジャカルタの鉄道は、日本からの中古車両を採用している。路線拡大に合わせ、今月も日本製の車両が輸入された。 ◯電子マネーカードを使った自動改札を採用しているが、反面ダイヤは決して正確とは言えない。 ◯内部はほとんど改装を施されていないものの、中には独自の電子広告を取り付けた車両もある。

1枚1000ルピア!? レジ袋有料政策、来年開始へ

◯来年から主要4都市で、レジ袋の有料化政策が始まる。 ◯ビニールゴミの減少を目標に、1枚500〜1000ルピアの料金を消費者に課す。 ◯現状、インドネシアではマイバッグの習慣がなく、大量のレジ袋が消費されている。

日本食レストラン急増中! 「あの看板」がジャカルタにも

◯ここ2年で日本食を取り扱う飲食店が急激に増えている。ジャカルタでも、あらゆる飲食企業が進出を果たしている。 ◯牛丼チェーン店吉野家は、すでにジャカルタ市民の間で有名に。 ◯最近ではうどん、カレーライス、そして唐揚げ専門店もジャカルタに出店している。

日系ブランド商品、地方部での流通度 こんな所にあの商品が!

◯フローレス島の商店で売られている日系ブランド商品を調査。 ◯ポカリスエットやヤクルトなど、本国日本でもお馴染みのものが定着している。 ◯フローレス島はインドネシアでも発展の遅れた地域だが、意外なあの商品も普及している。