ニュース一覧

LIFULL Conciergeは2017年5月1日より「Walkersインドネシア」(2017年4月30日にサイト閉鎖)のニュースコンテンツを移管し、運営しております。

カテゴリー

138

気鋭のファッションデザイナー「リア・ミランダ」に注目!

◯インドネシア市民に大人気のファッションデザイナー、リア・ミランダについて。 ◯リアは現地の女性のみならず、世界的に注目を浴びるイスラムファッションのクリエイター。 ◯「宗教的戒律の厳守」と「オシャレ」を両立させることをモットーに、リアは新たな作品を生み出し続けている。

『つぼ八ジャカルタ店』開店!!! 居酒屋進出ラッシュの予感

◯ジャカルタに『つぼ八』の店舗が進出。華人と日本人ビジネスマンをメインターゲットに営業を始める。 ◯ここ数年で日系飲食チェーン店の進出が相次ぎ、現地市民からも好評を得ている。 ◯イスラム教徒の多いインドネシアで、敢えてメニューのハラル化をしない店も。

ムスリマファッション最前線 「ヒジャブ」に注目する日系企業

◯イスラム女性の「ヒジャブ」は、今や一大市場。日系アパレル企業がヒジャブ開発に力を入れ始める。 ◯穏健的な国民が多数を占めるインドネシアは、ムスリマファッションの世界的な発信地。 ◯来月にはジャカルタで大型ファッションイベントが行われる。

インドネシアと食用油 市民の夢は「ノンオイリー」?

◯インドネシアの料理は、食料油を大量に使うものが多い。 ◯スーパーマーケットなどでは大容量サイズの食用油が陳列されている。 ◯近年の健康志向で、油を嫌う市民も出始めている。

ガンプラ大流行中! プラモデルで切り開くインドネシア市場

◯インドネシアでガンプラが流行している。世界大会ではインドネシア人ビルダーが上位に。 ◯サブカルイベントではガンプラの紹介ブースが頻繁に開かれている。 ◯一方、ガンプラは日本からの輸入品のため「高価な娯楽」と位置付けられている。

グランド・インドネシアの3A階で遊ぼう!

◯目抜き通り沿いにある高級ショッピングモール『グランド・インドネシア』。この施設の3A階には、多くの日経飲食店が集まる。 ◯吉野家、丸亀製麺、ポポラマーマなどがこのエリアに進出。毎日激しい競争を繰り広げている。 ◯特に丸亀製麺は、テロ翌日も多くの客を集めるほどの人気。

サンマルクカフェ・インドネシア1号店オープン!

◯サンマルクカフェが、ジャカルタのショッピングモール内でオープン。休日には多数の客が詰めかける。 ◯同店が入居しているスナヤンシティは、ジャカルタを代表する高級モール。その客層もアッパークラスが中心。 ◯その他の日系飲食チェーン店も、インドネシアでは「ミドルクラス以上の店」と見なされている。

中古列車の車窓から ジャカルタで活躍する日本の電車

◯ジャカルタの鉄道は、日本からの中古車両を採用している。路線拡大に合わせ、今月も日本製の車両が輸入された。 ◯電子マネーカードを使った自動改札を採用しているが、反面ダイヤは決して正確とは言えない。 ◯内部はほとんど改装を施されていないものの、中には独自の電子広告を取り付けた車両もある。

1枚1000ルピア!? レジ袋有料政策、来年開始へ

◯来年から主要4都市で、レジ袋の有料化政策が始まる。 ◯ビニールゴミの減少を目標に、1枚500〜1000ルピアの料金を消費者に課す。 ◯現状、インドネシアではマイバッグの習慣がなく、大量のレジ袋が消費されている。

日本食レストラン急増中! 「あの看板」がジャカルタにも

◯ここ2年で日本食を取り扱う飲食店が急激に増えている。ジャカルタでも、あらゆる飲食企業が進出を果たしている。 ◯牛丼チェーン店吉野家は、すでにジャカルタ市民の間で有名に。 ◯最近ではうどん、カレーライス、そして唐揚げ専門店もジャカルタに出店している。

日系ブランド商品、地方部での流通度 こんな所にあの商品が!

◯フローレス島の商店で売られている日系ブランド商品を調査。 ◯ポカリスエットやヤクルトなど、本国日本でもお馴染みのものが定着している。 ◯フローレス島はインドネシアでも発展の遅れた地域だが、意外なあの商品も普及している。

鍵を握るのはメイドさん!? ベビー用品市場の今

◯ベビー用品の即売イベントを取材。「若者の国」インドネシアの現在を調査する。 ◯ベビーカーや粉ミルクなどは庶民にとって高級品だが、富裕層の市民が惜しみなく買っていく。 ◯インドネシアの富裕層はメイドに子育てを任せているため、商品購入もメイドの意見が反映される。

ようこそ我が町へ! ジャパン・トラベルフェア開催

◯11月20日から3日間、ジャカルタ市内のショッピングモールにて「ジャパン・トラベルフェア」が催される。 ◯各市町村の観光担当局がブースを出し、地元の魅力をアピール。 ◯「ゴールデンルート」以外への観光客呼び寄せが課題となっている。

食のトレンド最新事情 ジャカルタで流行る「緑と黒」

◯ジャカルタで「緑と黒」の食べ物が流行りつつある。 ◯先日、イオンモールでポッキー抹茶味が発売される。ジャカルタ市民の間では、抹茶はすでにお馴染みの食材に。 ◯一方、ブラックチョコレートを使った菓子も流行の兆しを見せている。

イオンモールの建設ラッシュ 「ジャカルタの休日」に見る商機

◯インドネシアのイオンモールは現在、4号店までの建設が進められている。 ◯いずれも首都中心部から離れているが、自動車でのアクセスに便利な位置に店舗が設けられる。 ◯イオンモールの開業に合わせ、日系飲食店が続々入居すると見られている。