ニュース一覧

LIFULL Conciergeは2017年5月1日より「Walkersインドネシア」(2017年4月30日にサイト閉鎖)のニュースコンテンツを移管し、運営しております。

カテゴリー

138

日尼コラボの2000円台商品も ランニングシューズ市場が熱い

○ジャカルタ市内でも、ランナーの姿が目立つように。それに合わせ、専用の靴の需要が伸びている。 ○インドネシアではアディダスが幅を利かせているが、決して安価ではない。 ○一方、超低価格シューズを武器に攻勢をかける企業も。

アイス市場に日系企業本格参入! ガリガリ君も上陸間近!?

○「空白地帯」だったアイス産業に、日系企業が本格進出。 ○王者・江崎グリコを筆頭に今年から日本の商品が続々ASEANへ参入する。 ○「庶民の味方」というべきあの商品も!?

ジョコ大統領の着ていたZARAのジャケットがブームに

○国民の融和を呼びかけるジョコ大統領。その時着ていたボンバージャケットが話題に。 ○ZARAのジャケットは、ジャカルタ市内の店舗ではすでに売り切れ。 ○同じ商品が、日本で売られているのか?

インドネシアで大ヒットの日本ドラマ3選!

○インドネシアで人気を博した日本の「伝説的」ドラマ作品とは? ○誰もが知ってる「貧農出身の少女」から「セレブに囲まれた学校生活」まで、ラインナップは色とりどり。 ○インドネシア人と日本人は、「感動の基準」が似ているという特徴も。

フォロワーは渡辺直美の3倍!セレブはインスタグラムでも大人気

○インドネシア国内で人気を集めるインスタグラムユーザーを紹介。 ○人気上位を占めるのは、女性歌手か女優。豪華な日常を切り取った投稿が話題を呼んでいる。 ○そこには、日本人とインドネシア人の性格の違いが……。

インドネシアコーヒーの歴史と展望 極上の一杯を求めて

○インドネシアは、世界的なコーヒーの産地。各地方都市であらゆる種類のコーヒー豆が生産されている。 ○地方都市にもたくさんのコーヒーショップがあり、そこでは珍しい飲み物も提供されている。 ○近年人気のルワック・コーヒーは、需要増大に合わせ人為的に量産されている。

花型競技・バドミントン 日系企業が支える「大活躍」

○インドネシアでは、バトミントンが「国技」になっている。 ○リオ五輪でも、インドネシア選手団はバドミントンで金メダルを獲得。国際的選手も数多い。 ○バドミントンのトップクラスの選手権は、賞金がドルで出される。最近では日系自動車メーカーもスポンサーに。

インドネシア産カカオの未来 安心のフェアトレード商品へ

○カカオの生産量は、西アフリカ諸国が世界の7割を占める。その中で、インドネシア産カカオの可能性が注目されている。 ○労働搾取のイメージとは無縁のインドネシアカカオ。品質も良好で、チョコレートの原料に使う日系企業も。 ○フェアトレードの取り組みは、民間主導で行われている模様。

「メイド離れ」が加速か 台頭するオンライン清掃サービス

○インドネシア経済を支えてきた「メイド産業」。だが、最近では清掃請負業者に圧迫されている。 ○オンラインで手配できる清掃専門サービスが台頭し、メイド雇用をやめる富裕家庭も現れる。 ○気になる清掃サービスのお値段は……?

渋滞解消策「偶数・奇数」規制、試験運用開始へ

○ジャカルタで新しい渋滞緩和策がスタート。ナンバープレートを偶数と奇数で分け、日替わりで車両規制をするという方法になった。 ○これに伴い、乗車人数で規制する「3イン1」は廃止される。 ○一方で、公共交通機関の整備も進められている。

断食月真っ只中のジャワ島 日没時間のパン屋は大繁盛?

◯今年の断食月はグレゴリオ暦6月。この時期特有の変化が、ジャワ島都市部にも見られるように。 ◯ISが断食月を狙ったテロを呼びかけたことで、厳しい警戒態勢が敷かれるようになる。 ◯日没頃のパン屋では行列が発生。大量のパンが売れている。

ゴルフと日本人、そしてインドネシア 週末ゴルファーを呼び込む

◯インドネシア観光省は、日本人向けのゴルフ旅行と関連施設整備を明言。 ◯インドネシアは地形に富み、ゴルフ場建設に最適という声も。 ◯近隣諸国で働く日本人駐在員も、バタムやビンタンなどへゴルフ旅行に出かけることが多い。

オープン1周年のイオンモール 注目のイベント続々登場!

◯開店から1年を迎えるジャカルタ近郊のイオンモール。今も様々なイベントが計画されている。 ◯その最中、先月には天井崩落事故が発生。死者はなかったが、イメージの低下が懸念される。 ◯断食月を間近に控え、新しいイベントの発表も予想される。

インドネシアサッカー「激動の5月」 制裁解除がついに実現!

◯FIFAから制裁を受けていたインドネシアサッカーだが、先日の総会で制裁解除が発表される。 ◯その一方、サッカーのインドネシア代表監督候補にあの人物の名が……。 ◯来月、ジャカルタに本田圭佑選手が来訪しサッカースクールを開催する。

インドネシアの「牛肉革命」 急激な需要拡大に違法カルテルも

◯インドネシアでは牛肉が安価になり、その需要が急激に伸びている。 ◯和牛もインドネシアへ輸出されていて、「Wagyu」が固有名詞化されつつある。 ◯一方、違法カルテルが常態化し価格に悪影響を及ぼしている。