ニュース一覧

LIFULL Conciergeは2017年5月1日より「Walkersインドネシア」(2017年4月30日にサイト閉鎖)のニュースコンテンツを移管し、運営しております。

カテゴリー

191

「小売業激戦国」の中で奮闘するインドネシアのミスド

◯インドネシアに進出したミスタードーナツ。その営業戦略を探る。 ◯地元コンビニと提携し、店頭でドーナツ販売。 ◯値段は1個7,500ルピア。

画期的な貧困救済システム「eワルン」が本格始動間近!

◯インドネシア政府が「eワルン」を本格導入。 ◯生活保護受給者は、1枚のカードから様々な公的補助を受けられる。 ◯全国普及にはまだ時間がかかる見通し。

ジャカルタ州知事選挙 4月の決選投票へ持ち越しか

◯ジャカルタ州知事選挙は、現職と新人の2陣営が票を分け合う形に。 ◯50%の得票数に達しない見込みで、その場合は4月の決選投票に持ち込まれる。 ◯現職バスキ氏の今までの実績には定評がある。

売春街カリジョドがスポーツ施設に生まれ変わった!

○売春街だったカリジョドに、スポーツ施設が登場。 ○再開発後のカリジョドは、子供たちが集まることのできる地区に変貌。 ○都市計画における「スポーツの活用」が今後の鍵か。

19日からお金が新しくなった! でも、この人一体誰?

今月19日から、インドネシアのお金が新しくなりました。ですが、日本人には馴染みのない人ばかりが肖像に。この人、一体誰だ!?

インドネシアにトランプタワー!? 次期米大統領が巨額投資

○ドナルド・トランプ次期米大統領は、去年からインドネシアへの巨額投資を進めている。 ○バリ、スカブミにトランプ・ホテルを計画。2018年開業予定。 ○オバマ人気の高いインドネシアでは、計画反対の声もあるが……。

ジャカルタ州知事の「コーラン騒動」まとめ

○ジャカルタを揺るがすバスキ知事の「コーラン騒動」。日本語の報道から様子を見る。 ○ジョコ大統領は、バスキ知事に対し「擁護しない」と表明。 ○大規模デモ発生時、機動隊の背後では……。

ジャカルタ−スラバヤ間に「準高速鉄道」計画が浮上!?

○ジャワ島を横断する新鉄道計画が浮上。その優先権は日本か。 ○現地メディアは「日本側は計画に前向き」と伝える。 ○一方で、中国側にも計画の話が……。

新しい「お金の顔」は、テーマがはっきり決まっている

○インドネシアの紙幣と硬貨が、更新される見込み。 ○肖像の人物も変わる。その顔ぶれは、すでに明らかになった。 ○今回選定された10人の歴史人物には、大きな共通点が。

最近話題の「タックス・アムネスティ」とは?

○インドネシアで「タックス・アムネスティ」キャンペーンが盛んに行われている。 ○パナマ文書公開を受け、事業者に対し納税を呼びかける政策。その成果は順調だという。 ○街の至るところにタックス・アムネスティの広告が登場。

クレジットカードの“ミステリー” 何でこんなに端末だらけ?

○成長するインドネシアのクレジットカード市場。日系JCBも、同国に本格参入。 ○デビットカードより発行枚数は劣るものの、クレジットカードはより大きな売上を見せている。 ○カードリーダー端末が統一されない理由は……。

ジャカルタは禁酒法反対?「ビールと密造酒は違う」と州知事 

○アルコール飲料販売議論が活発になるインドネシア。その中でジャカルタ州知事は寛容な姿勢を見せている。 ○「ビールで死んだ者はいない」と発言したジャカルタ州知事。 ○一方で、禁酒政策を推し進める地方首長も。

インドネシア「全国禁酒法」が国会審議へ!

○インドネシアで、国内のアルコール流通を禁じる法案が提出された。 ○この法案によると、最も観光客を集めるバリ島も取り締まりの対象になるという。 ○観光業界からは強い反発が。

2016年下半期・ジャカルタ注目イベントまとめ

○これから年末にかけて、ジャカルタ市内で開催される注目ビジネスイベントのまとめ。 ○一番の注目はサブカルイベント。インドネシアでも、日本の漫画やアニメは若者からの支持を集めている。 ○東南アジア最大規模の食品関連イベントも開催予定。

日系コンビニが苦戦中!? 小売市場で起死回生の逆転なるか

○インドネシアに進出した日系コンビニが、苦戦を強いられている。 ○先日、ミニストップが撤退を表明。セブンイレブンも売上が落ち込んでいる。 ○その理由は環境面のほか、法律面にも起因する。